就活でスーツに合わせたコートの選び方

Pocket

今回は、就活の時に着るコートの選び方についてご紹介したいと思います。

黒、紺、ベージュの色がおすすめ

・コートの色はリクルートスーツに合わせて選ぶ。迷った場合は黒を選んでおくと無難。
・ビジネスシーンで使われない色のコートはNG

機能性を重視する

・軽くて動きやすく機能的なコートが理想的。
・撥水加工がされているコートだとホコリもつきにくく、突然の雨にも対応でき、さっとハンカチで拭き取れるので重宝。
・ライナー付きのコートだと調整がきいて便利。

【スーツに合わせるおすすめコートの選び方〜男性編〜】

リクルートスーツの上着より、少し長めのものがおすすめ。ステインカラーコートを選ぶ場合に、特に言えること。コートから上着の裾が見えてしまうとかっこが悪いので気を付ける。
トレンチコートやチェスターコートの場合は、ひざ上ぐらいの丈がおすすめ。あまり長すぎるコートは「着られている感」が出てしまうので、実際に着用して丈をしっかり確認してから購入すること。

選び方のポイント
・ダウンジャケットやブルゾンなどはカジュアルになりすぎるので着用は控える。
・コートに合わせる手袋やマフラーなどの小物は、スーツやコートと同系色のものを選ぶと統一感がありシックでおしゃれにまとまる。

【スーツに合わせるおすすめコートの選び方〜女性編〜】

ひざよりも少し上のショート丈の長さが人気です。ショート丈の方が背の低い方も上手に着こなせるのでおすすめ。背の高い女性であればロング丈でも◎。ファー付きは華やかになりすぎるためNGです。

選び方のポイント
・男性とは逆で、就活で着用する手袋やマフラーはコートと反対の色味の物を着用することをおすすめ。 コートがベージュのときは、マフラーや手袋は濃い紺や黒、グレー、深い緑など。
・コートが黒やグレーの場合は、ベージュや深い赤、からし色などもよい。

 

【コートの着こなし方】

トレンチコートやビジネスコート、Pコートは着用してボタンを閉めるときは、付属のベルトも結ぶようにしましょう。ベルトの結び目は身体の左側に持ってくるようにし、ボタンを開けているときはベルトは後ろでまとめるようにします。

男性の場合にはコートの着こなし方にもう1点マナーがあります。それは、一番下のボタンは留めないこと。これは、スーツの上着が2つボタンである着こなし方と同じだと覚えておくといいです。
寒いときは全部絞めて少しでも防寒対策をと思うかもしれませんが、コートも一番下のボタンを外すのが一般的です。

まとめ

就職活動で使うコートはカジュアルな物や派手なものでなく、リクルートスーツに合うものであれば何でもよく(チェスターコートでも問題ない)、カラーはビジネスシーンでも通用する黒、濃紺、ダークグレー、ベージュを選ぶことをおすすめです。

就活証明写真の撮影におすすめなスタジオファン|池袋・渋谷・神田・立川・大阪淀屋橋

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
就活写真スタジオファン 池袋本店
HP:https://www.photostudio.fun/
TEL:03-6812-1915
〒171-0021 東京都豊島区
西池袋3-26-5 ニューマツモトビル5階
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇