Webからエントリーする就活の証明写真データのサイズは決まっている?

Pocket

就活で使うwebエントリーデータの写真サイズについて

こんにちは。カメラマンの井上です。

就活で企業へエントリーするとき、履歴書やエントリシート(ES)に証明写真を貼って郵送する方法と、近年多くなってきているWebから履歴書、ESを提出する際、一緒に写真もアップロードする方法があります。

webから履歴書と証明写真って・・・?パソコンが詳しくない女性など、よくわからないって方はどうしたらいいか迷いますよね。

そこで今回は、就職活動でweb上にアップロードする履歴書やESに問題なく使える証明写真の推奨サイズと、web用データをもらう方法、かかる費用はいくらが相場なのかをご紹介したいと思います。

webエントリーデータのサイズは「これ!」とは決まってはいません。

企業やアップローダーによって色々あります。決まっていないからこそ、ちょっと詳しくないと困るんですよね・・・

でも、webエントリーデータに使う写真データの推奨サイズはあるので、そちらをご案内しておきます。

webエントリーデータの推奨サイズ

 

アップロードする時の証明写真ファイルの推奨サイズは、

一般的な推奨サイズ縦560px(ピクセル)、横420px(ピクセル)と

リクナビなどの推奨サイズ縦600px(ピクセル)、横450px(ピクセル)

となっていて、どちらも縦横比 は4×3の比率になります。

ちなみに、px(ピクセル)とは、デジタル画像の単位。わかりやすくミリで表すとだいたい縦50mm、横38mmくらいの大きさです。

アップロードできる画像サイズの容量はアップロードするサーバーにより様々ですが、2MBまでであれば問題ないと思います。

ですが、毎年調べていると、エントリー先によっては上記サイズと違う画像サイズを指定されていたりする場合も多く見受けられましたので、証明写真を撮影する前に確認しておいた方が良いですね。

webエントリーデータをもらう方法

証明写真を撮影してくれる写真屋さんであれば、写真と一緒にもらえます。細かい部分まで対応してくれるかどうかはお近くの写真屋さんのホームページなど見るとわかると思います。

また、ご自分でデータを作る事もできる方法もありますが、ソフトを使う事になり、まずはフリーソフトをネットで探して、ダウンロードして、説明読んで・・・結構手間がかかるのと、粗くない綺麗な写真データにできているか?などもあるので、就活時期など忙しい時はサクッと写真館などでもらった方が、効率よくて安く済みます。

webエントリーデータ作成費用の相場

利用する写真館や撮影スタジオによって色々ありますが、オプションでだいたい、1,000円〜5,000円と幅があって、お近くの写真館でよくわからない場合は、就活写真コースに全部ついている写真館を利用するのが一番安心です。

最後に、履歴書やES、証明写真をアップロードしたりする作業ってやっぱり面倒ですよね。

(例)webからの写真データのアップロードは面倒・・・

でも、こうゆうところをキッチリこなすかどうかが就活では重要だったりしますよ?

採用する企業、担当者には、webエントリーに必要な写真データを綺麗に、ルール通りにアップロードしているか、応募者の資質と本気度を見て取れる要素にもなり得ますので、何でもいいからとりあえず送って・・・、よりはデータの扱いなど得意じゃない時は、就活に特化した証明写真館と写真スタジオに頼むことが一番良い方法だと思います。

就活証明写真スタジオファンの池袋本店・渋谷DHC店・大阪淀屋橋店では証明写真プランご利用のお客様には、無料でwebエントリーデータの作成も承っていますのでぜひ、ご利用ください。

就活で証明写真アプリは使える?試してみた感想は?

 

カメラマン井上
就活証明写真の撮影におすすめなスタジオファン|池袋・渋谷・神田・立川

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
就活写真スタジオファン 池袋本店
HP:https://www.studiofun.jp/
TEL:03-6914-2522
〒171-0021 東京都豊島区
西池袋3-26-5 ニューマツモトビル5階
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇