証明写真の男性ヘアスタイル用途別一覧|証明写真のまめ知識

Pocket

新卒・転職・派遣・アルバイト・男性のヘアスタイル

就活(新卒)用の証明写真

ヘアスタイル
ショートヘアが基本です。おでこを出すと誠実な印象に。サイドも耳が出るくらい短めの方が爽やかな印象になって好感度はアップします。


眉は自然な形を生かし、軽くバランスを整えておきましょう。

口元
ヒゲを剃らない、剃り残しなどないように。前髪は上げておでこを見せてスッキリ見せましょう。基本の身だしなみを鏡の前で必ずチェックするように。唇が荒れていたら事前にリップクリームでケアしておきましょう。

就活(転職)用の証明写真

ヘアスタイル
長髪はだらしない印象を与えがちなので避けた方が無難。前髪は短めの方が明るさを感じさせます。また、整髪料を付け過ぎてギラギラさせてしまうと清潔感が失われるので注意。


ボサボサと伸びっぱなしの眉毛はNG。カットして整え若々しい印象に。

口元
ヒゲの剃り残しなどに気をつけて。撮影直前に細くチェックしましょう。

派遣社員用の証明写真

きちんと身だしなみを整え、清潔感と健康的な印象を与えましょう。ヘアスタイルはショートヘアのほうがフレッシュな爽やかさを感じさせます。髪の寝癖は水で濡らしてジェルでセットしておきます。ヒゲの剃り残しや、目やにや食べカスがついていないか、脂や汗が出ていたらティッシュで押さえるなど、撮影前に顔を細かくチェックして。

アルバイト用の証明写真

ヘアスタイル
明る過ぎるカラーリングや、逆毛をツンツンと立てるなど派手で個性的過ぎる髪型は、無責任な印象を与えがち。ナチュラルなヘアスタイルで真面目さをアピールしましょう。ボサボサのままでではだらしない印象になるので、必ずブラシで整えて。


眉を軽く整えるときちんとした印象に。

口元
ヒゲの剃り残しや、目やにや食べカス、はみ出た鼻毛などは大幅なイメージダウンに。撮影直前に必ずチェックし、汗や脂が出ていたらティッシュで軽く押さえましょう。

資格試験用の証明写真

清潔感のあるヘアスタイルで好感度アップを狙いましょう。細かな身だしなみができていると社会的な責任感を感じさせます。髪の寝癖やヒゲの剃り残しがないよう、撮影前に顔を細かくチェックして。また脂や汗が出ていたらティッシュで軽く押さえましょう。

運転免許証用の証明写真

最も一般的な身分証明書として、提示する機会の多い運転免許証。きちんと身だしなみを整え、誠実に見えるようにしましょう。逆毛をツンツンと立てるなど派手なヘアスタイルは無責任な印象を与えがちなので避けたほうが無難。また寝癖、目やにや食べカス、はみ出た鼻毛などがないか、撮影直前に細くチェックしましょう。

パスポート用の証明写真

海外旅行でほぼ唯一の身分証明書となるパスポート。見る人に不要な警戒心を起こされないよう、好感度アップを心がけましょう。派手なヘアスタイルやアクセサリーは不真面目な印象を与えるので避けたほうが無難。髪もブラシで整え、清潔感を心がけましょう。またメガネやヘアバンドで顔の一部が隠れると受理されないので注意が必要。他にも細かいルールがあるので、必ず外務省旅券課HPで注意事項を確認しましょう。

マイナンバーカード用の証明写真

金融機関など本人確認の必要な窓口で身分証明書として利用できる他、意外と多くの場面で提示の機会があるマイナンバーカード。清潔感を心がけ、好印象を目指しましょう。髪の寝癖や、ヒゲの剃り残し、目やにや食べカス、はみ出た鼻毛がないかなど、撮影直前に細くチェックしましょう。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
就活写真スタジオファン 池袋本店
HP:https://www.studiofun.jp/
TEL:03-6812-1915
〒171-0021 東京都豊島区
西池袋3-26-5 ニューマツモトビル5階
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇