就活に必要な証明写真のことが全部わかるリクルート写真ブック|第3章

Pocket

第3章では、男性のヘアセット方法のポイントや注意点、ワックスをつけてヘアセットする理由など、就活写真で欠かせない身だしなみについて紹介したいと思います。

第3章|就活写真の撮影前準備と就活の身だしなみについて

男性編・髪型

髪の長さでセットするポイントは違う?髪の長さ別セット方法

 

就活での髪型はファッションよりも清潔感が大切です。

男性が就活写真を撮影するときの髪形は、全体的に短めにしておくほうが好印象を与えることができます。

襟足は短くして襟にかからない長さにします。もみあげも耳の辺りで切り揃えてもらうようにしましょう。前髪の長さも重要で、眉毛が隠れないくらいにカットしてもらうようにします。

髪型のセット方法ですが、短めの髪でもいろいろとアレンジできますが、束感を出したり、ウルフヘアっぽいファッションヘアにならないように気をつけます。ワックスなどスタイリング剤を使っておでこが出るように髪の毛を上げる感じは爽やかな印象を与えることができます。

髪の長さがミディアムの場合は、トップの部分を盛らないように気をつけ、前髪を上げながら流すと好印象です。

サイドは髪の毛が多い、カットしていないと横に膨らみ、だらしない感じが出るので要注意です。

撮影前に美容院で短めにカットしてもらうと清潔感があっておすすめです。

 

ワックスなど整髪料をつけるべき理由

ワックスなど整髪料でセットするのは社会人としての身だしなみ

 

男性でも就活写真を撮るときにはワックスなどのスタイリング剤を利用して、髪形をきっちりとセットしておくことが大切です。

髪型をセットする理由ですが、就活写真は小さな写真で自分をしっかりとアピールするために重要なアイテムです。

履歴書を見た時にまず目につくのが写真です。その写真で髪型が乱れていればそれだけでマイナスポイントになってしまいます。自分をアピールするためにも髪の毛はしっかりとワックスなどで整えてから写真撮影に臨むようにしましょう。

男性の場合はあまり髪の毛などに気を使わないという人もいるかもしれませんが、好印象を与えるためと同時に社会人としての身だしなみも重要なポイントになりますから、清潔感のある好青年を演出していくことが大切です。

 

前髪は上げておでこを出すのが証明写真のマナー

 

おでこを出して印象良くしましょう。

就活写真を撮るときには男性は前髪を上げて、おでこを出した髪型にすると好印象を与える写真になります。

たかがおでこと思うかもしれませんが、額が見えるのと見えないのでは大きく印象が違ってきます。

前髪を上げるとおでこがみえて顔全体の雰囲気を確認することができます。ちょっとしたことなのですが、社会人になって人と接する機会が多くなると、おでこが見えて顔が確認できるということは、初対面の人にとても良い印象を残すことができます。

就活写真はまさに相手に好印象を持ってもらうことが大切ですから、髪の毛を上げて爽やかな髪型にして撮影するようにしましょう。

おでこが見えるだけで、爽やかで明るい印象を与えることができます。

 

茶髪・美容院|男性の就活ヘアに関する情報

就活写真は黒髪が当たり前?茶髪が嫌われる本当の理由

面接はもちろん就活写真も黒髪が当たり前で、茶髪は忌み嫌われていますが、全ての企業で黒髪が必須とされている訳ではありません。

そもそも一部の業種を除き髪色は制限されていませんから、多くの社員が髪を染めているケースも見受けられます。

このため本来であれば就活写真を黒髪にする必要は無いはずですが、採用担当者の多くはしっかりと髪色を…..続きを読む

 

撮影前に美容院で髪をカットするのは3日前がおすすめ!

新卒に限らず、転職の就活写真の撮影前は散髪してスッキリするのが望ましいですよね。

では、いつカットしてもらうか?当日、前日が良いと思われますが、実は撮影の3〜4日前くらいに美容院などでカットするのが望ましい…..続きを読む

 

就活証明写真の撮影におすすめなスタジオファン|池袋・渋谷・立川・大阪淀屋橋

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
就活写真スタジオファン 池袋本店
HP:https://www.studiofun.jp/
TEL:03-6812-1915
〒171-0021 東京都豊島区
西池袋3-26-5 ニューマツモトビル5階
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇