就活に必要な証明写真のことが全部わかるリクルート写真ブック|第2章-3

Pocket

女性の就活用証明写真での服装はスーツが基本で、清潔感や社会人としての身だしなみをチェックされます。見る側の第一印象を決める部分に大きく関わる就活写真の服装についてご紹介したいと思います。

第2章-3|証明写真の撮影前準備と就活の身だしなみについて

女性編・服装|就活写真の服装選びのポイント

就活写真のスーツを選び。新卒はなぜ、黒のリクルートスーツが好まれるのか?

就活写真を撮影する時は黒のスーツがフレッシュでおすすめ

就活写真の撮影時や実際に就職活動を行い各企業に訪問する場合などは黒色のスーツに身を包む事がマナーですが、実は明瞭な理由は存在していません。

強いて言うのなら無難な色である上に就職活動を行うために手に取られる機会が圧倒的に多かったという理由であり、シェア率の高さがそのまま一つのマナーになったという様子です。

こうした就活写真の撮影時や就職活動時には黒色のジャケットとパンツを着用すべきであるというのは、男性に限らず女性も例外ではない様子になっています。

特に大きな会場などを借り切って開催される合同企業説明会などでは非常に大勢の学生がブラックに身を包んでいる様子がはっきりとわかり、日本においてブラックが新卒者にとっていかに重要な物であるのかがわかります。

ただし、唯一の例外としてあるのはアパレル業界や広告業界などを志望している学生であり、ブラックのスーツでは個性が出ないという様子から避けた方が良いです。

 

就活写真の印象に効果あり?ブラウスの種類と業界向けで選ぶポイント

就活写真にブラウス選びは業種で決めるのがスタンダード

男性が就職活動をする時に着用するスーツに合わせる衣服と言えばワイシャツですが、女性の場合だとワイシャツの他にブラウスという選択肢を選択する事も可能です。

しかし、ワイシャツに比較するとあまり重要視されない傾向にあるのですが、シャツよりもそれぞれの個体差が大きいため選ぶ種類によって印象が大きく変化するので入念に選ぶのがポイントです。

ブラウスは大きく種類を分類すると第一ボタンが存在しているタイプと存在していないスキッパーに分けられ、就活写真を撮る多くの女性は第一ボタンが存在しないスキッパーを選ぶ傾向です。

また、業界によりスキッパーの志望者を好む業界もあり、中でも広告業界などは活発に動き仕事ができる事を就職活動中の学生に求めているので、アクティブな印象で活発に動けるイメージが強く与えられるスキッパーを選びましょう。

一方、第一ボタンが備わっているタイプは清楚で知的なイメージに仕上がるので金融や公務員を志望しているのなら迷わずにボタンがあるタイプを選びます。

 

スカートの丈の長さはどれくらいがちょうどいい?

 

履歴書に使用する就活写真を撮影する時にはスカートの丈を良い印象が与えられる長さにする必要がありますが、大切なのは直立している時もしくは着座している時といったように一つの事例だけを判断基準にするのではなく、直立している時と着座している時の両方に目を向けて調節をする事です。

就活写真において女性のスカートの丈が最も良いのは立ち上がっている時には膝が隠れているものの、椅子に着座した時には膝上の5センチ以内に丈がある状態です。

一見、短すぎるよりはできるだけ長い方が良いという認識がされる事もありますが、長すぎてしまうと野暮ったく見えたり重たく見えてしまい、活発に仕事ができる様子に見えなくなってしまうので合否に影響を及ぼしてしまいます。

そのため、丈の長さについては立ち上がった時に膝が隠れるようにしておけば下品な印象には見えないですし、着座した時に5センチ以内になっていれば女性らしさが醸し出せるようになり最良です。

 

ストッキングは就活マナー。種類の選び方のポイント

学生の場合は私生活で着用する機会が少ない上に、洋服のように試着をする事ができないため選び方が難しいのがストッキングですが、あまり主張が激しくないアイテムに見えるものの選定を誤ると不自然さが高まるので、買い替えや追加購入をする時の事も考慮し最適な一足を知っておきましょう。

まず、基本になるのはサイズをきっちりと自分に合っている物を選べるようになる事であり、肌に密着させて着用するという特性から大きすぎるサイズを選んでしまうと着用時に皺が生じてしまいます。

S,M,Lという種類で販売されているのですが、大きさがわからないのならパッケージに記載されているヒップサイズや適応身長を参考にして自分の体に合っている製品を選ぶようにします。

また、ストッキングは肌色であっても商品により若干の違いがあるので自分の肌の色に合っている商品を手に取るようにしましょう。

手に取る女性の肌の色に合っていれば、就活写真を撮影した時に足が白く写ってしまうという心配が無くなります。

 

ヒールの高さの基準はご存知ですか?

身長が低い女性の場合だと低身長である様子が合否に影響をもたらすと考え比較的ヒールが高いタイプを手に取る傾向がありますが、気になっている悩みを解消させるという目的があっても高すぎる物は履かないようにするのがポイントです。

厳しく決まりが定められているわけではないですが、就活写真を撮った時に客観的に良い印象を与える事ができる高さは3センチから5センチ程が基準とされており、まさに高すぎず低すぎないという無難な様子です。

ヒールが高い上に細いタイプはスタイルが良く見えるというのは事実なのですが、就活写真で選考担当者が目にするのはスタイルではなく、時と場所に応じて正しい身なりをする事ができるかという様子なので高すぎる履物は禁物です。

また、3センチから5センチ程の高さであれば着用し就職活動に励んでいる女性の就活生であっても歩行時に疲れにくいですし、あまり踵が高い靴を履かない方でも怪我や靴擦れに見舞われにくいです。

 

就活証明写真の撮影におすすめなスタジオファン|池袋・渋谷・神田・立川

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
就活写真スタジオファン 池袋本店
HP:https://www.studiofun.jp/
TEL:03-6812-1915
〒171-0021 東京都豊島区
西池袋3-26-5 ニューマツモトビル5階
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇