就活に必要な証明写真のことが全部わかるリクルート写真ブック|第2章-1

Pocket

証明写真と言えば、昔は本人の顔がわかれば良く髪型や服装を気にする方は少なかったのですが、今でもそれで良いのでしょうか?

就活用の証明写真は本人の確認以外にもにも、見る側の第一印象を決める大切なツールです。好印象な証明写真で「一緒にに働いてみたい!」と思われたいですよね。

そこで、第2章の女性の髪型編では、就活写真における女性の髪型についてご紹介したいと思います。

第2章-1|証明写真の撮影前準備と就活の身だしなみについて

女性編・髪型

就活写真の髪型は業種別ヘアスタイルで印象アップ!

 

採用を希望する企業などに対しては、採用試験などに応募する場合は履歴書などの提出が必要です。

履歴書には就活写真を貼り付けて提出することになるので、採用担当者の好印象を持ってもらうためには身だしなみなどに気をつけることが大切になります。

服装などに気をつけるのと同じように、撮影する前には髪型にも注意をしなければいけません。

自分が希望する業種によって就活写真のポイントが異なってくるため、撮影する前にしっかりと確認することが必要です。

女性が多く希望する業種になる航空会社のキャビンアテンダントやマスコミ関係では、それぞれの業種によって求めているポイントが違うので合わせるように撮影しなければいけません。

マスコミ関係でもアナウンサーなどを希望している場合は、落ち着いて雰囲気が必要になります。

しかし、テレビなどの出演することも多いため、華やかさを同時に求められてくるのが特徴になります。

金融機関や保険関係の会社を希望する場合は、信頼性を求めてくるのがポイントの一つです。この人なら安心して仕事を任せることができるような雰囲気で撮影すると、好印象を与えることが可能になります。

公務員や教員などのような仕事を希望する女性は、親しみやすく活発な雰囲気で就活写真を撮影することが大切です。

おすすめ記事:就活証明写真のおすすめな撮り方|業界別好印象の写真11選

 

印象が良く見える前髪の上げ方と注意点

就活写真で女性が撮影する時の注意点は、顔が見えるような髪型にしておくことです。

希望する業種ごとに求められてくるイメージは異なってきますが、いずれの場合も顔がしっかり見えていることがポイントになります。前髪が下がったままでは表情がわからなくなるため、撮影する時には上げ方が重要です。

女性の場合のポイントは、就活写真で顔の表情が見えるように注意することになります。

顔がよく見えなければ、相手に好印象を与えにくくなるので気をつけなければいけません。顔がわかるように気をつけ、前髪は眉毛よりも上になるように整えましょう。

肩よりも髪の毛が長めの場合は、後ろで結んだ方が表情を見せやすくなります。ショートヘアなどの場合は、結ばずにそのままの状態で撮影しても大丈夫です。

おすすめ記事:女性の就活写真は第一印象が勝負!印象が良く見える前髪の上げ方

 

撮影する前に美容院で髪を切るタイミングはいつ?

就活写真を用意する場合は、撮影前に美容院で髪形を整えることが大切です。

髪型がすっきりと整っていれば、採用担当者に好印象を与えやすくなります。髪形をスッキリとすることは大切ですが、いつ頃切る方がよいのかを悩んでいる女性が少なくありません。

美容院で髪形を整えるのは、就活写真を撮影する予定の約3日前ごろがよいでしょう。

あまりにも早く切ってしまうと、撮影前に伸びてしまうことがあるため注意が必要です。撮影する直前に切ると、切り過ぎたりまとまりにくくなることが珍しくありません。

自分が考えていた髪型とは違うイメージに仕上がってしまうこともあるため、直前に行くことは避けた方が無難です。髪の毛が落ち着き違うイメージに仕上がっていても直すことが可能になるので、約3日前ぐらいに行く方が整えやすくなります。

おすすめ記事:就活証明写真の撮影前に美容院で髪をカットするのは3日前がおすすめ!

 

就活写真で茶髪はNG。少し明るいくらいでも染めるべき?

就活写真を撮影する場合に、髪型だけではなく色などにも気をつけることが必要です。

女性の中には茶髪にしている人も多くいますが、そのままの色で撮影すると好印象を与えにくくなるので避けた方がよいでしょう。

茶色よりも黒い髪の毛の方が真面目なイメージを与えやすくなるため、就職に真剣だという気持ちが採用担当者に伝えることが可能です。

指導する大学や高校などでも、茶髪のままで就職活動を進めることはNGと学生に伝えることが少なくありません。

友だちと一緒にいるわけではなく、会社という組織の中で働くことになるので務まるのかを判断されることにも繋がります。就活写真を撮影する場合は、女性に限らず髪の毛の色は黒にしておく方が無難です。

おすすめ記事:証明写真を撮る時だけ黒髪にしたい。修正できますか?

 

ショートヘアーは耳を出すのがマナー。

就活写真を撮影する場合は、自分の髪型に気をつけ表情をよく確認できるようにすることが大切なポイントです。

ロングヘアの場合は後ろで結ぶことがほとんどなので、ゴムなどで結ぶと自然と顔がでてきます。

顔の表情がわかりやすいショートヘアでも、注意しなければいけないポイントがあるので気をつけましょう。

眉毛に前髪がかからないように、再度に流れるように仕上げ出すようにします。

サイドの髪が前へ出てきてしまう場合は、耳の後ろになるようにヘアピンなどを使うこともポイントの一つです。

髪形で忘れやすくなることが、サイド部分の仕上げになります。いずれの業種の就活写真でも耳を出すのがポイントになるので、覆い隠さないような髪型にすることが重要です。

おすすめ記事:就活写真は前髪を上げる!ぱっつん前髪の対処法

 

就活証明写真の撮影におすすめなスタジオファン|池袋・渋谷・神田・立川

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
就活写真スタジオファン 池袋本店
HP:https://www.studiofun.jp/
TEL:03-6812-1915
〒171-0021 東京都豊島区
西池袋3-26-5 ニューマツモトビル5階
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇