証明写真の顔はなぜ正面を向いて撮るの?

Pocket

証明写真は履歴書や自動車運転免許、パスポートなどの身分証明書として効力を発揮する事ができる書類が間違いなく自分自身の物であるという証明をするための役割と理由があるため、一見した時に所有している当事者の物であるという認識ができない場合には効力を失いかねません。

そのため、一目見ただけで所有している当事者の物であるという判断を得て頂くべく履歴書や自動車運転免許、パスポートなどに用いる証明写真は正面を向きしっかりとお顔が見えるようにして写る必要があります。

ただし、しっかりと正面を向いているのにも関わらず証明写真としての出来栄えが悪くなってしまう事例もあり、特に大きな要因に繋がりやすいのは正面で写っているのに姿勢が悪い事です。

美しく見えるように姿勢を維持していると自然と表情も明るくなりますし、違和感が生じる角度や影も生じにくくなるため、普段に比べて大げさに感じられるほど正しい姿勢を意識してみるのが良いです。

まず、猫背にならないように注意し胸を張るようにして背筋を伸ばす事が前提になるのですが、背筋を伸ばそうとすると肩の周辺が力みやすくなるので意識的に肩の力は抜いてリラックスするようにしましょう。

そのように背筋を伸ばして良い姿勢で証明写真を撮影した場合、首が見えるためすっきりとした印象になるのですが、見下ろすようにして写ると逆効果に繋がるため、適度に顎は引きながらシャッターが切れるのを待ちます。

就活証明写真の撮影におすすめなスタジオファン|池袋・渋谷・神田・立川

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
就活写真スタジオファン 池袋本店
HP:https://www.photostudio.fun/
TEL:03-6812-1915
〒171-0021 東京都豊島区
西池袋3-26-5 ニューマツモトビル5階
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇