就活写真の修正ポイント|できる箇所と注意点の写真サンプル

Pocket

こんにちは。スタジオファンのコマです。

就活証明写真の修正は見た目の印象が良くなる効果があって希望する方も多くいらっしゃいます。

ただし、やりすぎると逆効果になることはなんとなくおわかりだと思います。

でも、どこまでならバレずにわからなくできるのか?また、どこをどう修正できるのか?みなさん気になるところではないでしょうか?

今回は就活写真の修正について、できる箇所や注意点などのポイントを写真例にて修正パターンのご紹介したいと思います。

 

茶髪を黒髪に!髪色補正

撮影前に、美容院で茶髪を黒染めしても、撮影時のライティングで髪色が赤っぽくなる場合もあります。そういった場合に有効な修正になります。

修正の注意点:黒を強く強調すると、髪のツヤ感がなくなって、重たい、のっぺりした感じになりやすいです。ポイントは、髪色の明るさに応じて、トーンを調整することで違和感のない仕上がりになります。

 

眉毛の高さを左右対称に!眉の調整

女性でお悩みの方が多い眉毛の形。眉毛の高さや長さがちょっと違うだけでも気になるものです。そう感じた場合は好きな方の眉毛の形に合わせて修正します。

修正の注意点:まるっきり左右対称にすると、違和感がでる場合があるので、微調整をしながら仕上げることが大切になります。

 

瞳を大きく見せたい!目の調整

証明写真は目を大きくしたりすることは、基本NG。でも場合によっては目の修正をおすすめすることもあります。例えば、撮影した時に、左右の目の大きさが明らかに違う、実際の見た目よりきつく見える目つきなどは修正した方が良いと思います。

あとは、寝不足だったり、花粉症での目の充血を消したりすることも出来ますし、斜視が気になる方も少しだけですが調整可能です。

修正の注意点:目の修正はあくまで実物の見た目に合わせることが重要です。盛りたい気持ちを抑えて、違和感ない調整にとどめましょう。

 

緊張して上手に出来ない!口角を自然にあげる修正

撮影で緊張したり、慣れていないと口角がへの字に下がってしまう方もいらっしゃいます。その場合は、修正で口角をあげて好印象な表情に修正することが出来ます。

修正の注意点:上げすぎたり、無理矢理に見えないように自然に修正することが重要になります。

 

肌を綺麗に!お肌の修正

よく耳にする言われる美肌修正。ニキビやクマを消し、肌のトーンを上げて健康的に見せる修正です。

修正の注意点:肌修正もやり過ぎはプリクラになるので、禁物。肌のトラブル、トーンをあげる程度が丁度良い仕上がりになります。

 

小顔効果に!輪郭の微調整

寝不足や疲れからくるむくみがでた時に、少しお顔の輪郭を整える修正。他にも見た目以上に、写真映りで輪郭が膨らんで見える場合に有効です。

修正の注意点:輪郭の修正はあくまで、むくみや写真で輪郭が膨張したように見える場合のみにしましょう。やり過ぎは絶対NGです。

 

ピアスホールの修正

写真で見えてしまうピアスホールも簡単に消すことが出来ます。

 

就活は身だしなみが大切!姿勢の修正

修正はお顔だけではなく、姿勢の矯正も出来ます。体の傾きや、肩のラインを平行にしたり、ネクタイの結び目を綺麗にします。

 

いかがでしたでしょうか?

よくある修正のパターンのご紹介でした。他にも色々修正することは可能です。ただし、あれもこれもと、欲張ると別人になってしまうので、修正を希望する時には、第三者の目線も聞きながら、違和感が出ないようにすることが1番大切です。

修正は全部するのではなく、お顔なら2箇所までにすることをおすすめしています。

スタジオファン カメラマンkoma

参考記事:証明写真が別人に見える?顔の修正は2つまでルールがおすすめ

就活証明写真の撮影におすすめなスタジオファン|池袋・渋谷・立川・大阪淀屋橋

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
就活写真スタジオファン 池袋本店
HP:https://www.photostudio.fun/
TEL:03-6812-1915
〒171-0021 東京都豊島区
西池袋3-26-5 ニューマツモトビル5階
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇