証明写真の期限を過ぎたら撮り直すしかない?

Pocket

就職活動時に企業に対しお渡しする履歴書や自動車運転免許、パスポートなどに用いる証明写真は3ヶ月間もしくは6ヶ月間以内に撮影したものでなければならず、6ヶ月を過ぎると期限切れという扱いになってしまいます。

法律で定められているわけではないですが、最長でも6ヶ月を過ぎた期限切れの証明写真を使用する事は社会のルール上良くないと認識されている事であり、たとえ顔に大きな変化が無かったとしても撮影後から6ヶ月間以上経過しているのであれば撮り直しをしなければなりません。

また、自動車運転免許やパスポートの場合は半年以上の時間が経過している証明写真を使用しても特に指摘される事無く採用して頂ける事例も多いのは事実ですが、就職活動の履歴書に使用する証明写真となれば間違いなく撮り直しをする必要があります。

証明写真の期限が切れてたら撮り直した方が無難です。

その理由は企業の採用担当者が証明写真を目にした時、半年以上前に撮影されたものであると感じた際に合否に影響してしまう可能性が高いためであり、本来であれば採用を手にする事ができるのにも関わらず不採用という判定にならないためにも証明写真はその都度撮り直しをすべきです。

さらに、たとえ3ヶ月以内に撮影した場合でも撮り直しをした方が良い事例も存在し、それはヘアカラーやヘアスタイルが短期間のうちに著しく変化した場合です。

ヘアカラーやヘアスタイルの変化に伴う撮り直しは女性が多いですが、男性でも眼鏡を着用するようになったり髭の有無に変化が起きた時には撮り直しましょう。

あわせて読まれている記事:業界別で撮り分ける今時の就活写真

就活証明写真のおすすめな撮り方|業界別好印象の写真11選【2020年版】スタジオファン

 

就活証明写真の撮影におすすめなスタジオファン|池袋・渋谷・立川

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
就活写真スタジオファン 池袋本店
HP:https://www.studiofun.jp/
TEL:03-6812-1915
〒171-0021 東京都豊島区
西池袋3-26-5 ニューマツモトビル5階
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇