女性でリクルート写真を撮る時のシャツ選びのポイント

Pocket

男性は就職活動を行っている最中から内定を頂き実際に企業内で働き始めるまで一貫してスーツを着用するので比較的服装選びに頭を悩ませるという機会は少ないのですが、女性は内定を頂き働き始めると私服である事例が多いですし就職活動時にも細部に個々による差異が生じるポイントがあります。

スカートやパンツスタイルなどに違いはあるものの、共通しているのは女性であってもスーツに袖を通して就職活動をするという事なのですが、よく見ると個々により異なるポイントとして挙げられるのがシャツの様子です。

男性の場合だと一般的な物で構わないのですが、女性の場合だと大きく分類するとレギュラーもしくはスキッパーに分けられ、些細な違いではありますがそれぞれ似合うタイプが異なりますし、相手方に与える印象も大きく異なるので印象が影響し書類審査の結果が左右される事もあります。

就活でのシャツ選びは業界によってコーディネートしよう。

特に書類審査においてはリクルート写真でしか外見を知る事ができるきっかけがなく、写真という特性上一瞬の様子が残り続けてしまうので選定の方法や着方については十分に考慮しなければなりません。

当然、割合として多いのはレギュラータイプであり襟をジャケットの中に収めて男性が着用するジャケットとの兼ね合いによく似ている状態にさせる事なのですが、場合によっては大人しく見えすぎてしまったり業界により不利に働いてしまう恐れもあります。

大人しい印象に感じられるので無難ではある反面、個性を出す事ができなかったり活発に女性が活躍している現場では頼りなく見えてしまう恐れもあるので、スキッパーを選びジャケットの外にシャツの襟を大きく出してあげるようにすると良いでしょう。

また、学生は就職活動とは言えども金銭的に余裕があるわけではないので複数の種類を用意するのは難しいですが、できればシャツは面接を受ける企業により準備し、リクルート写真もその都度撮影し直すようにすると効果的です。

襟をジャケットの外に出すスキッパーが多いのは航空会社などの女性が主役となり活躍する業界や、アパレル業界などの華やかな印象とアクティブな印象が持たれている世界です。

ただし、アパレルなどの個性的な事が良い印象に働く業界を除きシャツは無地の物に拘った選び方をすべきであり、ストライプなどの派手ではないものの些細なデザインが入っているシャツには、リクルート写真の撮影時には手を伸ばさないべきです。

ストライプなどは内定を頂き入社した後に、日々着用するスーツのバリエーションの一つとして持っておくようにしましょう。

就活証明写真の撮影におすすめなスタジオファン|池袋・渋谷・神田・立川

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
就活写真スタジオファン 池袋本店
HP:https://www.photostudio.fun/
TEL:03-6812-1915
〒171-0021 東京都豊島区
西池袋3-26-5 ニューマツモトビル5階
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇