就活・転職の証明写真を写真館で撮る本当の意味とは?

Pocket

就活写真は写真館で撮りなさい。でもその理由って本当にあるの?

就活や転職で使う証明写真を写真館や撮影スタジオで撮る必要性についてまとめてみようと思います。

丁寧な証明写真は就活のマナー

まず、証明写真の意味は履歴書に貼り、本人の確認と証明なのだから顔が写っていれば何でもいい、で良いのでしょうか?

アルバイトの面接ならスマホアプリやスピード写真の低コストで済ませても良いと思います。理由は会社としてアルバイトの募集は人的補充が目的で、特別なスキルや人格よりも人員確保が最優先となりますので写真は本人確認だけに必要となるので問題ないと思います。

でも、新卒就職活動の証明写真となれば話は別かな?と。お金と時間をかけた仕上がりの良い写真を用意するのが就活マナーだと思っています。

アルバイト感覚を捨てよう

当たり前ですが「アルバイトとは違う」ことを頭に入れましょう。アルバイトも正規雇用でも同じ労働者ではありますが、根本的に採用する会社側の認識は絶対的に違うと思われます。

正規雇用の場合、新卒であれ転職であれ、採用になれば長期にわたり所属して会社の方針に沿って事業発展と利益に貢献する人材になることを求められます。

新卒採用となれば、会社に貢献できるようになるまで研修や教育に時間とお金もかかるので会社として負担をしている部分もあり、それと人事担当としては自身の評価にも繋がることもあって採用には慎重になるのは自然の流れかと思います。

そういった会社側の事情も考えずにお手軽に撮ったアプリやスピード写真を使うのは相手に対して失礼にあたるかな〜と思いますし、どんなによくできたESでも写真が手抜きと感じたら「本当にこの人が書いたのか?」なんて思われたりすることも。

さらにライバルが多くなればなるほど見た目の印象からスタードダッシュで出遅れることも考えられますのでアプリやスピード写真で撮った証明写真は就活では不適切。以上のようなことあって、就活や転職の証明写真はちゃんとした写真館で撮りなさい。と言われる所以だと思います。

他の就活生がそうしているように自分もお金と手間を惜しまずちゃんとした写真館やスタジオで撮影しましょう。

人事担当がみる写真のポイント

  • みだしなみ清潔感がポイント!髪型、服装から姿勢まで抜かりなく!女性ならナチュラルなメイク、男性ならヒゲの処理をしっかりと!
  • 常識 趣味や個性が強くでるメイク、ヘア、ピアスはNG!社会人としての常識を見てます!
  • ひと手間 普通に撮りました、よりはひと工夫!時間とお金をかけましたをアピール!

以上を押さえた写真が企業側への本気度が伝わる!

近年、面接は個別ではなく、グループセッション型が増え1人に対する時間や質問事項の制限があり個人に関する情報が少ない人事担当は見た目での判断も重要な要素になっているのは間違いないと思われます。

最後に就活写真の重要性のまとめ

  • 就活意識が高まり写真館で撮影する学生が増えている
  • ライバルが多い中、自分も簡易撮影を避け写真館で撮影する
  • 人事担当のことを考えてポイントを押さえた写真の提出
  • 面接時間短縮などによる見た目判断の要素

何事も手間をかければ成果が実るように就活写真も手間をかければその後の就活にきっと効果を発揮してくれるはず!

就活の時期はどの写真館も混み合うので、撮影は早めに済ますことをおすすめします。

あわせて読まれている記事:こんな証明写真は嫌われる?

転職の証明写真は本音がでる?転職でこんな写真は嫌われる!

 

就活証明写真の撮影におすすめなスタジオファン|池袋・渋谷・神田・立川・大阪淀屋橋

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
就活写真スタジオファン 池袋本店
HP:https://www.studiofun.jp/
TEL:03-6812-1915
〒171-0021 東京都豊島区
西池袋3-26-5 ニューマツモトビル5階
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇