証明写真の悪い例|落とされがちな証明写真の共通点

Pocket

証明写真の悪い例の共通点は意外とあります。

まずは顔がはっきりしない証明写真です。

証明写真を綺麗に撮るつもりで光を強くし過ぎると顔がはっきりしないので逆効果に

顔がはっきりしない証明写真は書類選考でも落とされてしまうので注意が必要です。出来るだけ髪の毛等も顔に掛からないようにして、好印象を持ってもらう事が出来る証明写真をとる必要があります。

次に悪い例の共通点としては、髪の毛を金髪や茶髪等に染めている事になります。

ファッションで金髪や茶髪に染めている方は多く居られますが、企業から見ると悪い例にあてはめられてしまうので注意が必要です。

金髪や茶髪は普段の時なら構いませんが、証明写真を撮影する時には元の髪の毛の色に戻しておくか、黒髪に修正してもらうと安心です。

黒髪に戻すことによって、落とされてしまう確率を減らすことが出来ます。

他にも証明写真を撮影する時の悪い例の共通点としては、目つきになります。

特に目が悪い方は目が悪くなる事が多いので注意が必要です。カメラのレンズをにらみつける様に証明写真を撮影すると人相も悪くなってしまいます。

目が悪い方は眼鏡をかけて撮影をするかカメラのレンズを凝視しない事が大切です。

視線をそらして撮影をする事で、目つきが悪くなくなりますので安心です。 最後に悪い例の共通点は姿勢になります。姿勢が悪いと見た目も悪くうつる事になりますので、書類選考でも落とされがちになります。

証明写真の修正のやり過ぎは実物とのギャップが激しい

最後は、加工しすぎ、修正やりすぎの写真です。特に肌の修正をツルンとしてしまうと、実際に会った時とのギャップをものすごく感じますので注意しましょう。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
就活写真スタジオファン 池袋本店
HP:https://www.studiofun.jp/
TEL:03-6812-1915
〒171-0021 東京都豊島区
西池袋3-26-5 ニューマツモトビル5階
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇