履歴書を見る目が止まる!就活写真の髪型成功例のご紹介|男性編

Pocket

就活における好印象な髪型については、いろいろな情報があります。

証明写真を撮る時も、見た目の印象は次のステップに関わりますので、できるだけ誠実さと清潔感ある髪型にしたいところです。

でも、前髪を上げて、など言葉で説明されても、普段から髪をセットしたりしない方には、イメージがわかないと思います。

特に、実際に面接に行く場合など、どうセットしたり、前髪を作れば良いか悩む方も多くいらっしゃいます。

そこで今回は細かい説明は抜きにして、見てわかる、男性の就活写真を撮る際の髪型の見本を、ショート、ミディアム、前髪のパターンについて実際に撮影した証明写真の成功例をご紹介したいと思います。

こんな風にすれば良いのか、と感覚を持って頂ければと思います。

 男性の髪型

ミディアムヘアーの髪型

男性のミディアムヘアーのポイントは、サイドのボリュームを抑えること。

就活では、基本的に、おでこを見せる・サイドを抑えることが大切です。特にミディアムヘアーくらいの男性の場合は、サイドはスッキリしている方が清潔感を感じます。髪の分け目は無理に7:3にキッチリ分けなくて大丈夫。分ける境目は、黒目の上あたりから分けると自然に見えます。

 

ショートヘアーの髪型

シュートヘアーの場合は、少し長さがある場合は、前髪を無理に上げずに、流しながら下ろすのも好印象。短めならワックスなど整髪料で立ち上げ、形を整えましょう。

 

長めのミディアムヘアーの髪型

長めのミディアムヘアーの場合は、おでこを隠さず、しっかり顔が見えるように前髪を上げましょう。コツは前髪を上げながら、サイドに流すと綺麗にまとまります。

できれば、普段は長めでも、就活の時期は短めにした方が、面接時でもセットしやすく清潔感が感じられます。

 

パーマがかかっている髪型

パーマをしていたり、そう見える場合は、前髪をサイドに流しながら上げて、サイドを寝かせるとパーマ感がなくなります。コツは、ドライヤーでブローして伸ばしながら、前髪を上げながらサイドに流すクセを予めつけておくとセットしやすくなります。

 

おしゃれ感ある髪型

キッチリ分けたりするのが苦手だったりする方でも、自然なフワっと感を出す程度なら就活でもOK。注意点はボリュームを出し過ぎないこと。

以上、簡単にですが、髪の長さのパターンについてのご紹介でした。就活写真を撮る前に美容室で、こんな風にカットして欲しい、写真スタジオでヘアメイクさんにこうして欲しいなどの参考にして頂ければ幸いに思います。

ヘアメイク担当飯塚

就活証明写真の撮影におすすめなスタジオファン|池袋・渋谷・神田・立川・大阪淀屋橋

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
就活写真スタジオファン 池袋本店
HP:https://www.photostudio.fun/
TEL:03-6812-1915
〒171-0021 東京都豊島区
西池袋3-26-5 ニューマツモトビル5階
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇