初めての就活メイク|ベースメイクの基礎知識と手順の紹介

Pocket

就活の証明写真を撮りに来られる学生さんの中には、メイクをしたことがないお客様も多くいらっしゃいます。

今回は、初めてのメイク、メイク初心者の方におすすめしたいベースメイクの方法をご紹介したいと思います。

①化粧水

コットン、または手でたっぷりと顔全体につけます。つける量としては、肌が冷たくしっとりするまでが目安となります。

②乳液

油分が多いところは少量(Tゾーンなど)にして、顔全体に膜を作るイメージで、手またはコットンで塗布します。

③日焼け止め・化粧下地

薄くしっかりつける。順番としては、日焼け止め⇨化粧下地の順になります。

④ファンデーション・コンシーラー

ファンデーションについて

リキッドの場合

  • お顔全体に、均等になるようムラが無いようにスポンジやブラシで伸ばします。
  • コンシーラーでニキビなどのトラブルを隠します。また、証明写真を撮る時など、口角が上がって見えるように口元にも入れるテクニックもあります。
  • 目元のクマ、肌の赤みを隠します。

パウダーの場合

コンシーラーでニキビなどのトラブルを隠す。(口角が上がって見えるように口元にも入れる)

目元のクマ、肌の赤みを隠す。

パウダリーファンデーションを顔の内⇨外に伸ばす。

コンシーラーについて

コンシーラーとは、部分用ファンデーションとも呼ばれています。ファンデーションでは隠しきれないお肌のトラブルを部分的に隠し、綺麗な肌を演出してくれます。

コンシーラーの種類

ペンシルタイプ

小さいシミなどピンポイントカバーに使いやく、油分は少なめです。

クリームタイプ

柔らかく、油分が多く、ツヤツヤしています。大きなシミや目の下のクマなど広い面をカバーするのに向いています。

スティックタイプ

クリームタイプより硬い質感で、肌に密着します。多少の厚みは出ますが、カバー力が高く、シミ、ニキビなどにおすすめ。

リキッドタイプ

質感はファンデーションに似ている。肌への馴染みも良い。

コンシーラーの使い方

ニキビには、イエロー系やベージュ系がおすすめです。スティックタイプなど、少し硬めのものがカバーしやすいです。

クマには、クマの色味によって使う色を変えましょう。

青いクマ▶︎オレンジ系、ピンク系

茶色いクマ▶︎イエロー系、オレンジ系

黒いクマ▶︎ワントーン明るい色、パール系

コンシーラーをつける時の注意点としては、1度にたくさんつけ過ぎないこと。薄く重ねていく感じで良いと思います。

⑤フェイスパウダー(リキッドファンデーション使用の場合)

パフ、またはブラシでお顔全体にのせる。余分なパウダーはブラシでしっかり払いましょう。

※網の部分がファンデーションをのせる位置。
※矢印の向きがファンデーションを伸ばす方向

 

就活証明写真の撮影におすすめなスタジオファン|池袋・渋谷・神田・立川・大阪淀屋橋

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
就活写真スタジオファン 池袋本店
HP:https://www.studiofun.jp/
TEL:03-6812-1915
〒171-0021 東京都豊島区
西池袋3-26-5 ニューマツモトビル5階
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇