就活中の歯科矯正の金具(ブラケット矯正)は印象が悪くなる?

Pocket

就職活動をおこなううえで、面接は避けては通れない重要な試練イベントです。

そんな時期に歯科矯正をしていて、ブラケットやワイヤーの装置が口に入っていることで、第一印象が変わったり、しゃべりにくかったりして面接に不利にならないか不安になる人も多いと思います。

就活の面接で第一印象をよくしたいと就活までにきれいな歯並びになりたいという人は少なくありませんが、大人からの矯正にはじかんがかかり、間に合わない場合もあるようです。

歯科矯正を行っている人が常に感じる事、それは初対面の人への第一印象がどのように変化するかという事です。

ましてや、面接などの大切な場面では、歯列矯正をしている事での影響は気になりますし、自分の容姿が普段とは違う事に対しての不安もあると思います。

しかし、企業側としては、歯並びを気にするという事は自己管理も出来る人間である、向上心のある人間であるという印象を受けるでしょう。

海外の企業では歯並びの悪い人の方が、教養がない、常識がない、自己管理が出来ないだらしない人と取られる場合がほとんどです。

影響がありそうな業種や職種は接客、サービス業であることは考えられます。しかし、矯正器具を付けている期間は限られていますし、面接にはさほど影響はないと思われます。

強いて言えば矯正器具を見て見た目で合否を判断される場合は、容姿を武器にしたお仕事などを扱っている企業で、モデルや受付などの接客業にはあるかもしれません。

就活証明写真の撮影におすすめなスタジオファン|池袋・渋谷・立川

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
就活写真スタジオファン 池袋本店
HP:https://www.studiofun.jp/
TEL:03-6914-2522
〒171-0021 東京都豊島区
西池袋3-26-5 ニューマツモトビル5階
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇