エアライン証明写真の外資と日系での撮り方の違いはどこ?

Pocket

エアラインの証明写真は、それだけで合否が決まるといっても過言ではないぐらいのものになります。


そもそもエアラインでは、お客さんとの接客が主になりますのでその見た目の印象が非常に重要になるわけです。噂では、顔をはじめとする見た目のみで採用を決めているといっても過言ではない状況がたびたびあります。

実際に、どのような基準で採用されているかは明確になっていません。その会社によっても若干違いますので、採用基準が明確になることはありませんがやはり昔から言われていることは証明写真は非常に重要になるといったことになるでしょう。

このことから考えると、写真の撮り方は非常に大事なることが理解できるはずです。もしそこで失敗してしまうと、いかに面接の内容が良くても語学力にかけていても落ちてしまう可能性が高いです。

目指すかもやはり人間ですので、写真撮影をした時の印象は非常に大事になるでしょう。

少なくとも、まだ面接する前段階の書類選考においては、写真とその履歴書の内容が一番重要になってくるところです。その段階で、あまり良い印象を与えられなければ選考に落ちてしまう可能性が高いです。

裏を返せば、最初に良い印象を与えられ目がくぎ付けになるほどきれいな写真を撮っていれば確実に残してくれます。もちろん、それ以外の部分が最低限のレベルを上回っていることが条件になりますが、いずれにしても証明写真は重要なことが言うまでもありません。

エアライン写真は日系は清潔感、外資は明るい写真が望ましい。

では、エアラインといっても2種類ありますがそれぞれの取り方の違いはあるかが問題になります。

エアラインは、外資系企業と日系の2種類がありますが、この二つでは証明写真の撮り方が若干違うとされています。

どのように違うかといえば、日系企業に関してはほかの日本の企業と同じように真面目な表情でそして清潔感あふれる感じで撮影すれば問題ありません。

若干余裕のある表情が重要になるかもしれませんがいずれにしても、ほかの会社と同じような基準で問題ないでしょう。

これに対して、外資系企業の場合には明るさや見た目の良さが非常に重視されるところです。
つまり、写真撮影における重要度が若干異なることになるでしょう。どちらかといえば日系企業よりも外資系企業の方が写真に力を入れている部分が強いです。

もちろん面接をするときの表情の明るさや雰囲気なども重要になりますがとにかく見た目を良くするための工夫が重要です。満面の笑みでなくてもよいですが、少し笑った表情がすてきな方が採用されやすいと言えるでしょう。

就活証明写真の撮影におすすめなスタジオファン|池袋・渋谷・神田・立川

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
就活写真スタジオファン 池袋本店
HP:https://www.studiofun.jp/
TEL:03-6914-2522
〒171-0021 東京都豊島区
西池袋3-26-5 ニューマツモトビル5階
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇